Marrakech マラケシュへの小さな旅 1 〜大きなカオスに圧倒される〜

Place Jamâa El Fna
e0111249_18201319.jpg

(パノラマ風に。クリックで写真拡大)

ジャマエルフナ広場。
マラケシュに着いたら、まずここへ。
ごちゃごちゃした狭い通りを抜けると、そこには、今まで体験したことのない世界が繰り広げられていた。

***

大道芸や蛇使いの鳴らす、鈴や笛の音。
物売りやら、ヘナの入れ墨描きのおばちゃんがあちこちで、がやがや客引き。
スープやソーセージの屋台から、もくもくあがる煙…。

旧市街は、信号も見当たらず。
バイクも車も、足の悪いお年寄り、時にはロバがひく荷車。
なにもかも、好きな方向に動いてる。

日が暮れるにつれ、ますます熱気を帯びてくる。
民族的な打楽器やギターをあちこちで演奏始めるグループ。それを取り囲む人たち。
あちらでは、ボクシングも始まって、そこにも人だかり。

太鼓の音、鈴の音、弦楽器の音。
食べ物から糞まで、いろんな臭いが混じる…。


世界無形遺産にもなっているのも納得。

「オレーンス!」って叫んでみたくなる。(アラビアのロレンス)
もしくはインディアナジョーンズか。(イタリアの映画のトラックが来て撮影していました)


***

夕方。
日の沈む前に広場に向かい、角にある屋上テラスでぼーっと、その喧噪とカオスを眺める…。

日が沈むまで。明かりが美しい。
どんな劇場にいるよりも、贅沢な時間。

これが、いちばんのマラケシュでの思い出。

e0111249_0333663.jpg








*追伸:Paris 19,20区、バルベスやメニルモンタンあたりの、カオスのルーツがやっと分かった気がしました。
そりゃ、こんなところから来たら、ごちゃごちゃになるワ〜。良し悪しでなく、文化が全く違うのだと、納得。

[PR]
by saya-utrecht | 2011-11-03 07:57 | Voyage / 旅行
<< Anna Sobol Wejman Marrakech マラケ... >>