"Un poisson en avril" 絵本 発売となりました。

e0111249_224229.jpg

初めての絵本のお仕事
Un poisson en avril が3月15日、ついに発売となりました。

20cmx20cmの小さな本ですが
版画の手触りが伝わる、とても暖かみのある本になったと思います。

***
e0111249_2464936.jpg

思えば、編集者のGaëlleと
バスティーユのCaféで、打ち合わせを始めたのが去年の2月…。
それから何週間かおきの日曜に、夫も交えて3人でこのカフェで話し合いをしたものです。
一年がかりのプロジェクトでした。

大好きなCafé de l'industrieよ、素敵な空間をありがとう。

私の版画を気に入ってくれて
絵本について何の経験もない私に、このプロジェクトを与えてくれ
一緒にアイディアを練ってくれたGaëlleに、言葉では表せないくらい感謝!
彼女の情熱と、素敵なセンスと、おもしろいキャラと、裏表のない正直さ。
幸運な出会いでした。

それから、コミュニケーションに少々不安があるので
よく日曜のカフェ打ち合わせに、一緒に来てくれた夫にも、ペコリ。
彼がいると、会話も盛り上げてくれるので、助かったりね。
(版画でヘトヘトで、ゴハン手抜き多くてごめんよ〜。)

私の所属するAtelier aux Lilasも。
思いっきり朝から晩まで、場所とってしまって。
理解のあるメンバーにも感謝です。

(そんな感じで。この機会に、オスカー受賞のような感謝の言葉を並べてみる。笑)

e0111249_248388.jpg


まだ子供のいない私には、この絵本を手に取ったフランスの子供たちが
実際に楽しんでくれるのか、どうにもわからないけど。
私の手元から、この版画と絵本が羽ばたいてくれるといいな…!

暖かい気持ちになるような版画を、作り続けて行きたい私には
とても貴重なありがたい機会となりました。

いろいろタイヘンで、不満もあるパリ暮らしだけど、
この街の魅力のおかげで、この版画たちが出来上がりました。

Parisよ、ありがとう*


e0111249_250547.jpg


*出版を記念して、3月28日いつも作品を展示して下さっているマレのGalerie L'Oeil Ouvertにてソワレと1ヶ月間の展示をします。
お近くの方はぜひお寄りくださいませ!

*出版社 Le buveur d'encreのblogに、文章を書かれた作家のEric氏と私のインタビューが載りました。ここをクリック

*絵本は今のところフランスでのみ販売となります。
パリ市内ではFnac、Galeries Lafayette、 BHVやその他の書店にも置かれるとの事です。(まだ見に行ってないのですが)
またはAmazon.frでも。

*日本での入手方法、何かいい方法はないものでしょうか…?どなたかお知恵があれば教えて下さい〜!




+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

あべさやか 銅版画 website
http://sayaka.ultra-book.com

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

[PR]
by saya-utrecht | 2013-03-24 03:08 | Etching / 銅版画
<< 出版記念のソワレ&展示のご案内 Bientôt... もうすぐ… >>