<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Lekker!

この言葉ははじめに覚えたオランダ語。 c0097559_1425152.jpg
美味しい!レッカー!といいます。

あとは、デューイー!(たぶん)
これもよく聞く言葉。
バイバイ〜!の時にいいます。どうやらこれはユトレヒトあたりだけみたいで、アムスでは「アユー!」オランダ南部では「ハデュ!」とか言うらしい。(と教わったけど、オランダ全土で「デューイー!」って流行っている気がする。)

オランダの若い子たちが「デューイー!」って言ってるの聞くと、かわいい。(実際、金髪のかわいい子達が多いよ〜*)

オランダは食事がイマイチ。。というけれど、
確かにイタリアに行ったときみたいに、安くておいしいランチ屋さんとか、まだ見かけてません。オランダ人は皆もっぱら、朝も昼もサンドイッチみたいです。学食もサンドイッチかフライドポテトしかないし。。。しかも、お店はたいてい6時くらいで閉まっちゃうし、日曜もお休み。月曜の午前もお休み。買い出しと、もっと料理のレパートリーを増やさないと。。

でも、パンとチーズとハムは安くて美味しい!!
私は、ナッツや穀物がいっぱい入ったパンやクッキーが結構豊富で、私の大好物なので、それはもう天国。
食べ過ぎに注意しないと。。

[PR]
by saya-utrecht | 2006-10-21 22:50 | Utrecht Diary '06

オランダの光

c0097559_140284.jpgc0097559_1402267.jpg





最近は、何だか暖かく晴れつづきで、カラッとした空ですが、
来た頃は、晴れたり、曇ったり、雨降ったり、また晴れたり。。
本当に一日のうちで、くるくるお天気が変わるのです!流れている雲もモクモク。動きもはやくて。
これが、オランダの光。。
[PR]
by saya-utrecht | 2006-10-17 22:54 | Utrecht Diary '06

オランダ留学のいきさつ 「Wandel」4月号エッセイより

「オランダの光」という美しい映画を見たのは一昨年の秋。
国中を流れる運河。その水の反射が独特の光を生んだのではないか…
確かそんなドキュメンタリーだった。
レンブラント、フェルメールの光…水と空と光と、そこを流れるゆったりとした時間…
私もそこに身を浸してみたい…

去年の春、弟の念願の海外駐在が決まった。行く先はなんとオランダ。
私は、遠くへ行ってしまう1歳の姪を思って、小さな版画を作った。
オランダの民族衣装の絵。細やかな花模様を銅版画の細い線で、淡い光を
柔らかなえんじ色で表現してみた。

そして夏。何気なく、英語の勉強に買った初めてのペーパーバックが"Girl with a pearl earring"。
これは実は、日本でも公開されたフェルメールをモデルにした映画「真珠の耳飾りの少女」の原作だった。
またしても、オランダ…

だから、母からの「オランダに留学してみたら?」という突然の電話には驚いてしまった。
どうやら、母は"オランダに留学していた女性銅版画家"の地元紙の新聞記事を見つけたらしい。
そうか、オランダ!弟もいる。学費も意外と安いらしい。無理な話ではないかも…

その版画家を探し当てたところから、出会いが出会いを呼び、
そして先日、ついにオランダのアカデミーから入学許可証が届いた。

点と点がつながって、何だか押し出されるようにここまで来てしまった。
ただの偶然かもしれないし思い込みだけかもしれない。
もちろん周囲の親切と理解に支えられて実現したことだ。不安もある。
でも、運命や縁を信じてみようとおもう。
行くしかない。行ってみよう。オランダの光を見に。
[PR]
by saya-utrecht | 2006-10-02 22:52 | Utrecht Diary '06