<   2007年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

グリーナウェイとチョコレートを食べる

グリーナウェイがアムスに住んでいることは知っていた。c0097559_16335100.jpg
夏には国立美術館でレンブラント・イヤーに合わせたイベントをやっていたらしいとか。

ピーター・グリーナウェイ。映画監督。
「プロスペローの本」「コックと泥棒その妻と愛人」「枕草子」わたしの一番好きなのは「ZOO」。動物の腐って行く過程とか、グロテスクだけれど、映像の美しさ、知識の豊富さ、そしてマイケルナイマンの音楽と一体となって、そのセンスにゾクゾクする。

そんな憧れの監督にまさか会えるとは。
c0097559_16324513.jpg
しかも、うちの工房で。。。

始まりは11月半ば。ペトラがこっそり教えてくれた。
「わたし、グリーナウェイと仕事するの!緊張するわ!」

そして次の日、ほんとうに彼は現れた。
来るなり、朗々としたそのイギリス英語で、映画そのままに自己紹介を始めたかと思うと、その後は、1日お昼もワイン片手にサンドイッチをつまみながら、もの凄い集中力で、シルクスクリーンの下絵を描いていた。こちらは、恐れ多くて近寄れず。。。

2回目に現れたのは年明け1月。
今回はちょっとリラックスしていて、わたしと日本人のSさんしか他に制作者もいなかったし、一緒のテーブルでお茶を飲んだり、制作しているところみせて、ってあちらから話しかけて来た。(そういう時に限って、しょぼい作品制作中だったりするんだよねえ)
かたり口調はあくまで映画そのもので、知識の宝庫。まるで歴史の教授とお話してるみたいだった。

「君は18XX年の〜の絵画について知ってるかね?」とか、

私が、絵で食べて行くのは難しいですよね、って話したら、
「ジョン・ケージは自分の作品で生活していけるようになるまで15年かかったと言っている。私も最初のメジャー作品(あ!draughtsman's contact 英国式庭園殺人事件ですね)で初めて生活していけるようになるまで15年だ」とか。

そして、きわめつけは
「私の作品のテーマは、生と死と、そしてエロスだ。」

とキッパリおっしゃていました。確かに。。。(あと「数字」もだと思う)
日本の春画浮世絵の話なんかもしてくれたり、なぜ日本は映画にモザイクをかけるのか、その文化が興味深いともおっしゃっていました。

何故、うちの工房に来たかというと。
工房での次の展示企画が、なんと彼の作品展になるから、ということだった。
展示の内容は、主に、画家でもある彼のドローイング。
ただし、こちらは版画工房なので、何か1点工房の為に製作してもらうことになっていて、
彼が下絵を描き、工房のペトラが刷る。。というプロジェクトだったのだ。

それにしても、
ピーターグリーナウェイと一緒にお茶する。
ピーターグリーナウェイと一緒にレオニダスのチョコレートを食べる。
ピーターグリーナウェイに自分の絵を見てもらう。
わたしってすごいじゃん!?

まあ、彼の作品なんて今となってはあまりメジャーじゃないし、ファンでない人にはどうでも良い体験だろうけど。
オランダに行ったら彼の作品とか見れるかしら、なんて淡い期待をしていた私には、ハリウッドセレブにでも会ったような感じ。いろんな出会いがあってここユトレヒトまで来たけど、こういう縁ってあるんだなあって。
[PR]
by saya-utrecht | 2007-01-30 22:36 | Utrecht Diary '07

スクウォット 80’s

オランダでは、空き家に勝手に住んでしまう「スクウォット」なるものがあるらしい。c0097559_8522421.jpg
そんな話は、前から聞いていたのですが、
先週土曜、その住人達が主催のパーティとやらに行ってきました。
c0097559_8525997.jpg
ここの建物、昔は学校か何かだったのかな。
空き家に住むなんて、もちろん不法なんでしょうが、
20年前、(たぶん日本の学生運動みたいな感じで?)、人々が空き家を占拠して、
今現在もいろんな人たちが20〜30人住んでいるみたい。不思議。。
(イトイ新聞にこの話が載ってました。)
http://www.1101.com/holland/1998-09-19.html
c0097559_8531672.jpg

そして、パーティのテーマは、その20年前。80’s!
どうしよう〜〜!
でも、オランダに持って来た数少ないワードローブから、
お気に入りの赤いセーターにタイトスカートにハイヒール。
大きめピアスにポニーテール&サングラスで、私なりに80年代してみました。
(写真撮らなかった!)

一緒の友人は、白いスーツにサングラスで「マイアミバイス」のドン・ジョンソン。
(でも私、あんまり知らないんだけど。逆に「ブロークンフラワーズ」という
ジムジャームッシュの映画で主人公がこの名前〜もちろんパロディ〜でその存在を知りました)
もう一人は、タキシードに蝶ネクタイで、「OO7」のジェームズボンド。(これは分かりやすい)


でも、いざ会場に行ったら、みんな80’sに関係なく、ただ仮装してる人がほとんどでしたが。。

それにしても、パーティ慣れしてない私は、
タバコの煙とすごい熱気で、ちょっとくたびれ早々に引き上げました。

* スモーキーな会場と踊り狂う人々。
一番下のは、「スクウォッティング」を表したものかな?舞台の上にありました。
[PR]
by saya-utrecht | 2007-01-28 22:24 | Utrecht Diary '07

タラ タラ タラ

親友のアネが週末、プラハに旅行にいっている間、
ネコのお世話を引き受けた。c0097559_73582.jpg

彼女ったら、9月にオランダに初めて来たときから、
実家のネコを連れて来ているのだ。
フィンランドから、飛行機で。

名前は、タラ。
タラって、日本ではお魚の名前なんだよ〜って教えたらすごく喜んでた。


彼女のお部屋は、屋根裏部屋のアトリエチックな広ーいお部屋。

c0097559_7384860.jpg

実家のネコのルナも恋しいし、
そんな広いお部屋で、ネコと遊べるなんて楽しそう!

そんなわけで、今日は午後から、アネ不在のお部屋で
タラと遊ぶ&読書の優雅な日曜を満喫!私も旅行気分。

しかも、今夜は勝手に彼女のお家に泊まってしまおうと企んでます。
いったん夕飯を食べに家に戻って来て、このブログを書きました。
[PR]
by saya-utrecht | 2007-01-21 22:39 | Utrecht Diary '07

オランダいろいろ 壁のいろ

赤と黄みどり。c0097559_8141220.jpg

白いお部屋の片面だけ塗ってあったりする。
かなりあちこちの室内で、見かける。
オフィスでも、おうちでも工房でも。

しかも、オランダ人はあまりカーテンを閉めない。
そして、窓がかなり大きい。
リビングや台所が、丸見えである。
c0097559_8161833.jpgでもその分、びっくりするくらいオシャレなお部屋が多い。
夜なんて、キャンドルが灯っていたりする。
(電気代の節約?)
だから、気になる。この赤と黄みどり。

チューリップのいろだ。
オランダ人の好きないろなんだなあ、と思ってた。
c0097559_8155577.jpg今日、オランダに長く住む日本の方に聞いたら、
「私がオランダに来た頃は、パープルやピンクのパステルカラーの壁が目についたものよ」
とのこと。
どうやら、壁の色にも流行りがあるらしい。

来月、お引っ越しをする。
新しいお部屋の壁は、真っ白。
やっぱり気になる、このオランダいろ。
私も塗りかえてみようかな。。
[PR]
by saya-utrecht | 2007-01-19 22:41 | Utrecht Diary '07

インタビュー キューバ カルチャーショック

久しぶりの日記。c0097559_9401234.jpg
今日は工房の後、大学でインターコミュニケーションを教えているというマリカおばさまの家で、外国人生徒へのインタビューとやらに協力。
前に工房の展示のオープニングで捕まって、約束させられてしまったのだ。
まあ、これも経験だね。学校友達のフィンランドのアネ、キューバのマニュエルを誘った。

オランダで学生生活、言葉、文化、、、そんな中で何がカルチャーショックか、面白いか、違ってるか、、自分の国と比べて、話して欲しいということで、ちょっと難しかった。
c0097559_9412065.jpg私たち、我が校で数少ない外国人生徒に共通してる悩みは、
・授業は、オランダ人中心。
・オランダ人は一見オープンだけど、実はなかなか親しくなれない
(現にオランダ人の友人ができにくい)
・先生は、放任でなにも教えてくれない。
そんな話を。
しかも、ビデオカメラの前で!!(生徒に見せるらしい。。)

それから、キューバ人のマニュエル。
キューバという、社会主義のかなり特殊な社会についての話がとても興味深かった。
観光客に表向きに見せる世界と違って、現実の人々の暮らしには信じられないくらい自由がないらしい。だから、オランダに来た。でも、オランダ人の彼女を頼ってこっちを選んだ彼は、もう永久にキューバには入国できないらしい。家族にもたぶんもう会えない。。彼は大きな決断をしてここにやって来たのだ。
でも、キューバの人々は、気さくで、助け合って、歌や踊りが大好きな、暖かくてラテンな人々なんだって。
現に、マニュエルがそんなキャラクターだ。


そして、私には、まだまだ英語の壁が。
マリカの質問や、アネたちの言っている内容さえ理解できないことも、しばしば。TOEIC初挑戦でまさかのハイスコアを取っても(790点!ちょっと自慢)、、でもあれはやはり、まぐれだったのね、としか思えない。会話の相手や、緊張度にもよるけど、だいたい、みんなの会話の60%くらいしか理解できないし、40%くらいしか伝えられない。ネイティブアメリカ人の早口&レロレロした英語なんて、本当に分からないし!!

でも、普通の日本人に共通の悩みなんじゃないかなあ〜。
オランダ人もアネもマニュエルも本当に英語が上手。
これも私にとっては、カルチャーショックのひとつ!
ホント、どうやったら、上達するのかしら。

*写真 これはちょっと前の飲み会にて。左から留学生のYくんに、アネ、マニュエル。
それから、ある日の授業風景。
[PR]
by saya-utrecht | 2007-01-17 22:42 | Utrecht Diary '07

おたんじょうび

おたんじょうびだから ケーキを買った。c0097559_8183572.jpg
おたんじょうびだから お寿司も作った。
おたんじょうびだから 皆に来てもらった。
おたんじょうびだから 歌も歌ってもらった。

オランダのバースデイソング。
c0097559_8181690.jpg♪ラング ザル イエーベン.....(くりかえし)
グローリーアー インデ グローリーアー。
(最後にかけ声)
ヒップヒップフラー!
ヒップヒップフラー!

オランダに最初に来た時の飛行機。
お誕生日の人がいたらしく、突然、周りのオランダ人達が、
この歌を歌いだしたのを思い出した。
みんな知らない人同士なのに。
オランダ人って陽気だなあとビックリしたものだ。


しかし おたんじょうびなのに 家の中に鍵を忘れて閉め出された。

パーティの前の昼間のこと。
私は、買ってきたケーキを持って、家の外で立ちすくんだ。。
こっちの家は、みなオートロックなのだ。ルームメイトも留守。
仕方ないから、そのまま、大きなケーキをかかえて工房に行った。
その後、ルームメイトと待ち合わせして、パーティ前にお家には入れたけれど。

今日は、少し晴れていた。

*HEMAのピンクのケーキ。
甘そう〜。でも、ピンク好きの私は、見た目重視でチョイス。意外と美味しかった。
オランダでは、お誕生日の本人がケーキを買って、周りの人に配ってお祝いするそうです。
[PR]
by saya-utrecht | 2007-01-12 22:44 | Utrecht Diary '07

lazy contract drypoint

覚え書きc0097559_7472265.jpg

きのう:
しんとした工房。
外は雨。
スコーンを食べた。ちょっとのんびりしてしまった。
お家の契約。契約書がオランダ語で困った。
中華料理屋でドドの休暇の話を聞く。
c0097559_7491580.jpgきょう:
木の枝。ドライポイント。
なかなかうまくいかない。そんなものだ。
きょうも雨。強い風。
ついに工房も、雨漏りがしていた。。

*写真 スコーンを買った工房近くの美味しいケーキ屋さん。
うちの近所。
[PR]
by saya-utrecht | 2007-01-11 22:45 | Utrecht Diary '07

冬の枝 やどり木 聖なる木

最近、描いてみたいと思うもの。
e0111249_1702100.jpg
冬の木々。
寒空の中、葉が落ちて、むき出しになった木の枝。
黒々と、腕をひろげる、木の枝たち。
冬の寒さに耐えている、
でも、きっと春に向けてじっと、待っているそんな木々。
とっても、強くて、美しいなあと思った。

この冬、知り合いを訪ねて、フランスの田舎に行った。

ユトレヒトからひとり、ずーっと電車に乗って、、、
e0111249_170354.jpg
オランダでも、フランスに入ってからも、
街を離れれば、ほとんど、平らで牧歌的な酪農風景。
牛やひつじが散らばって。。
それから、教会の塔や、かわいらしい家々。
その間、いろんなかたちの木の枝たちを眺めていた。

面白かったのが、丸いボールのようなものが沢山くっついた木々。
鳥の巣がたくさんあるんだな、って思ってたら、
「やどり木」といって、他から飛んできた植物が、木に寄生しているものらしい。

e0111249_171865.jpg
*ちなみに、「やどり木」をネットで検索したら、
大地に根をもたず、冬でも枯れない植物としているところから、ヨーロッパでは、不思議な力を持つ「聖なる木」として、珍重されているらしい。でも、オランダでは聞いたことないかも。
そういえば、私がやどり木を見かけたのも、フランスに入ってからだったな。

やどり木の写真を撮りそびれてしまった!
[PR]
by saya-utrecht | 2007-01-09 16:58 | Utrecht Diary '07

パノラマ エベリン 巨匠

おススメサイトをちょっと。c0097559_8254494.jpg

ユトレヒトの風景パノラマが見られる。
オランダ人の友人がまだ少ない中で、
ちょっとだけ知り合いになれたevelineから、教えてもらった。
ほんとに、ユトレヒト。こんな感じ。
私の家の近くも写っていて楽しい。
それにしても、人物が静止してるのが可笑しい!

そのeveline。
c0097559_826417.jpg私の通っている学校卒の画家さん。
彼女の絵は、わたし、お世辞抜きにかなり好み。
大胆な筆遣いがオランダっぽい。すごく気持ちいい。
彼女のアトリエに誘われた。
これから、もっと親しくなれそうで嬉しい。

オランダ在住の写真家さんのサイト
すごく写真がきれい。ファンですねえ。
ブログの方も面白くて、よくこっそり覗いてます。
[PR]
by saya-utrecht | 2007-01-08 15:07 | Utrecht Diary '07

今日も雨 ちょっと制作 夕方のお散歩

オランダの冬。それは雨。どんよりとした曇り空。。e0111249_1459259.jpg
今年に入ってからも、元旦以外ずーっとだ。
朝、青空が見えていても、そのうち絶対に曇ってきて、ぱらぱら降り出す。
でも、どしゃぶりではないし、空模様はくるくる変わる。
最初の頃は、その度に折りたたみ傘をひろげていた私も、今では、多少の雨なら気にしない。
さっさと歩くだけ。
少し、オランダ的になってきたなあ。
(私のなかでは、「オランダ=アバウト」って図式が広がりつつある)
e0111249_14595379.jpg
何を描こうかな〜。と、学校から拝借してきた大きめの紙に、いろいろ描いてみる。。
その中から、少し、版に描いてみる。
明日、これを工房で刷ってみよう。

夕方にお散歩。
普段の日曜日、お店は休み。
でも、忘れてた!今日は、第一日曜日。
ショッピングZondag(サンデー)だ!
ちょこっとお店を覗いてたら、もう5時の閉店時間。
通りに出たら、他のお店もみな一斉に閉まっていた。
ほんと、閉店が早い。休みも多い。
e0111249_1501220.jpg
まあ、ちょっと不便だけど、慣れればこんなもんかと思う。

オランダの人は、これが普通だと思ってるわけだし。
お店で働く人にとっては、いいことだ。
日本って、たくさん働いて。。夜中まで働いて。。みな疲れて。。
無愛想&もしくは機械的な笑み。

それに比べると、みなこっちのお店の店員さんは、人間的。
スーパーのレジの子でも、みな最初に目をみて「ハーイ」って言ってくれたりして、楽しい。その笑顔が、かわいかったり。
そのかわり、全然、お客さんあつかいしてくれないお店も多いけど。
今日、私も「ハーイ」って笑顔を返したら、「Have a nice evening!」だって。
こういうところ、オランダの好きなところ。

*「FEBO」はポテトやらチキンのファーストフード屋さん。
「HEMA」は食品から日用雑貨なんでも売ってる。日本の無印良品みたい。
「Mr.ミニット」(ユトレヒトにもある)はまだ開いていた!オランダ木靴型のスリッパも売っている。
[PR]
by saya-utrecht | 2007-01-07 14:58 | Utrecht Diary '07