カテゴリ:Paris Diary( 23 )

アパート購入 改装 お引っ越し

去年7月からアパートを探し始め、
12月終わりに、これはというところを見つけ契約。
ボロボロの物件だった為、改装工事が始まったのが3月。e0111249_12591475.jpg

3ヶ月かかった改装工事が終わり、 6月の半ば、新居にお引っ越ししました。

業者に頼んでいた工事は案の定、遅れたうえ、最後にずーっと恐れていた大失敗をされて、
仮住まいも延長。引っ越し屋さんも延期。。とほほ

というのも、最後の仕上げのフローリングのオイル塗りをしたら、間違った塗り方をされ、床がザラザラのぼこぼこに。業者に文句を言っても、古い床だからしょうがないんだとか言い張って絶対に非を認めないし。。
これが発覚したのが引っ越し予定の3日前。
急遽、他にやり直してくれるところを探して右往左往。
やっと専門の職人さんに頼むことが出来たのですが、費用はさらにかさむし。。 e0111249_12594516.jpg

そんなこんなでしたが、床はちゃんとピカピカになり、やっとお引っ越しもできました。
今は、まだカーテンレールもついてないお部屋だけど、少しずつ荷ほどきしたり、イケアのクローゼットを一日かかって組み立てたり(けっこう難しい)そんな感じです。

新居は前と同じ20区なので、今まで住んでいたアパートからバスでたった5分。でも雰囲気はがらっと違います。それまでのアラブ&ユダヤ&チャイナの混沌とした移民エリアから、ちょっと落ち着いた住宅街に移った感じです。

カフェやチーズ屋さんやおいしいパン屋さん、そしてすぐ裏にはモノプリ(スーパー)もあるし、少し「パリっぽい」ので、るんるんです。
(ま、前のあのカオスもそれはそれで味わいがあったんだけど。。汚いのがねえ〜)
e0111249_130182.jpg

お部屋は今までの2倍の広さ。
でもこれから20年ローンも待っています。。

本当に、この街で、この国で一生暮らすのかしらとか、

いろいろ考えますが、まずは荷解き。

*******
website
http://sayaka.ultra-book.com/
[PR]
by saya-utrecht | 2010-07-16 13:03 | Paris Diary

今年も、宜しくお願いいたします。


e0111249_6595167.jpg

***

いきなり、前回のブログにはマンガもどき(?)を載せてしまいましたが、
これはずいぶん前に、フランス旅行本のイラストのサンプルとして描いたのです。
結局その企画、ボツになってしまって。。残念〜〜。


それでなんだかもったいないなあと思って、載せてみました。e0111249_23452071.jpg




マンガや絵本はストーリーも考えなくてはいけないし、なんとも難しいわあ。

あらためて見てみると、
自分のこと、こうやって紹介するのは結構、気恥ずかしいかもなあ。
他にもあるけど。。。

それにしても、
いったい私は何を目指しているのだろう。
版画もやらなきゃいけないのに、
バイトもフランス語の勉強もしなきゃいけないのに。。!

***

私の最近使っているウェブサイトは英語のみ
http://sayaka.ultra-book.com/

だから、こちらのブログには、時々思ったことなどを日本語で書こうかな。
e0111249_2348021.jpg

こんな私ですが!
今年も宜しくお願いいたします。

2010年
あべ さやか


写真:新春のウチからの眺め。
[PR]
by saya-utrecht | 2010-02-04 23:53 | Paris Diary

展示終了。。。そして今。

パリでの展示の方も無事終わり、週末はパリに片付けに行ってきました。

e0111249_643582.jpg
オープニングにもおかげ様でアトリエの友達や、友達のそのまた友達という感じで、30人ほどの人が来て下さりました。それから、いくつか作品が売れたのですが、2人ほど、お友達でもなんでもなく、お店の常連さんが買って下さったとのこと。

知らないパリの方に、自分の作品を本当に気に入ってもらえることは、とっても嬉しい驚き。しかも一人は絵の先生、もう一人はなんと、サーカスでピエロをやっている女性!ちょっとパリっぽくて、面白い。


展示をしたレストランカフェは、11区のちょっと下町のようなエリアにあって、お料理もフレンチとアジア料理をミックスした面白いお料理。e0111249_64551.jpg
赤い壁が映画「アメリ」のようなとても可愛くて気さくな雰囲気。
お店の名前、AUX JEUX DE POM(オージュドポム)は、テニスの原型となった11世紀にフランスの修道院で考案されたジュドポーム という手のひらを使ったゲームがの名前らしいのですが、じつは、お店のオーナーシェフのお姉さんの名前が、ポムさんというから。(このお姉さんは、ビョークにちょっと似ていると思った)
カジュアルなお店とお料理はお値段もお手頃で、この近所では人気のあるカフェレストランのようでいつも賑わっていました。(何せ、11区と20区の境のこのMenilmontantは、ユダヤ人やらアラブ人やら中国人やらカンボジア人やらばかりで、お店もクスクスとか中華とか、ユダヤ料理とかばかりで、まったくパリとは思えない地域なんですけど、このお店だけは珍しくパリっぽい。)e0111249_67819.jpg

今回展示した作品は、この夏に日本で個展をやるかもしれないので、その時にも飾りたいです。







そして、今は。
オランダで、また制作の日々です。
ペインティングがどうも苦手の私は、ドローイングが好きなので、それで乗り切ってます。でも、大きなスペースで、制作できるのはこの学校の特権。あと3ヶ月ちょっとのオランダ目一杯、大きいの作りたいです。e0111249_831276.jpg


e0111249_62438.jpge0111249_63648.jpg
[PR]
by saya-utrecht | 2008-03-10 06:14 | Paris Diary